2007年11月1日
10・21反戦共同行動への参加、賛同、カンパへの御礼、および、総括会議への参加依頼

「10・21反戦共同行動in京都」に参加・賛同・カンパをお寄せくださった皆さんへ

私たち実行委員会は、心より皆様のご厚意に感謝するとともに、この日の集会の成功を誇りをもって喜び合いたいと思います。好天に恵まれ、参加者は1,200人を越えました。また、会場でのカンパは30万円を越えました。この日の参加者数は、京都でも、ここ数年来では記録的といってもよいでしょう。さらにデモは、会場から京都市役所まで、京都府警のいやがらせと闘いつつ、整然・堂々と貫徹できました。この成功の何よりの原因は、皆さんがこの集会の意義を十分に理解していただいたこと、そして職場、地域、学校などで不屈の闘いをつづけておられることだと思います。また依然として大きな課題である憲法9条改悪阻止、中東への自衛隊派遣撤退、格差社会の打破、子どもたちの未来のための教育の国家統制に反対、アジアへの加害の歴史をかくさない、などの問題について明確な意思表示が必要である、という共通認識が確認できたことによる、と思います。私たちは、この成功を第一歩として、さらに個々の現場での闘いを続けるとともに、今年から明年にかけての政治情勢を睨みつつ、互いの立場、意思を認め合いながら、あらたな運動の展開を構築し、市民・民衆レベルの運動を基礎にした未来のための運動の「核」をになう必要があるとも考えています。人間らしい世に、光ある社会を築くために、引きつづき、ともに知恵を出し合おうではありませんか。下記のように総括会議を予定しています。ご参加になれない方も、ぜひご意見をおよせください。またそれぞれの現場で、10・21集会の感動を語り合ってください。

以上簡単ではございますが、御礼の言葉に代えさせていただきます。


10・21反戦共同行動実行委員会
(代表世話人 仲尾宏、千葉宣義、田川晴信、米澤鐵志、新開純也、府上征三、高橋幸子、瀧川順朗、工藤彌美子)

総括会議 日時:11月30日(金)午後6時30分〜9時00分(予定) 場所:キャンパスプラザ(JR京都駅西側)
意見・感想は、(TEL/FAX)0774-23-2908、(E-mail)10.21hansen@gmail.com

     10・21反戦共同行動in京都への参加と賛同の呼びかけ

 21世紀に入って、時代は大きく変貌しはじめています。「グローバリズム」と言われる際限のない資本の利潤追求と市場の獲得、地球資源の略奪は目をおおうばかりにすさまじさを増しています。イラクやパレスチナをはじめとする中東地域への侵略と殺りくはとどまるところを知らず、アメリカを軸とする強国の論理が地球規模でまかり通っています。日本は、そんな強国の主張に組みして、海外派兵を容易に日常的に行うことが出来るようにするために、憲法九条改悪が政府・与党の公然たる政治日程にのぼっています。他方、労働現場での格差社会、人権を無視した管理社会の強化、教育現場での「愛国心」の強要、さらに社会的弱者にのしかかる増税と負担の増加が日増しに進行しています。私たちは、この日本社会で生きていくために、人間の尊厳を守り抜くため、今の状況を根底から変えていく必要があると考えます。若者にも、老人にも、そして子どもたちの未来のためにも一人が人として生きるため、希望と信頼を取り戻すことが必要です。

 10月21日には、円山野外音楽堂を埋め尽くし、連帯の輪を京都の地で結び合いませんか。四条通から河原町通を熱いデモで行進しよう。一人でも多くの人に声をかけてください。一人でも多くの人が参加してください。人間の未来のために、光ある社会をとりもどすために!

《賛同人》赤川祥夫、浅井桐子、味岡理一、飛鳥井けい子、天野博、荒井康裕、井上加代子、池内光宏、池田浩士、磯江みづえ、伊藤淳平、稲村守、李美葉、岩田吾郎、岩津雅典、上原敦男、鵜飼哲、牛尾国彦、後義輝、卜部昌則、江口慶明、江原護、大川健二、大須賀護、大浜冬樹、大森昌也、大湾宗則、大管新、岡田雅憲、小川登、落合祥尭、越智洋三、甲斐布扶義、兼光雅宏、川島繁夫、川嶋澄夫、河村栄三、川村賢市、河村宗治郎、北里秀郎、北村信隆、木下昌朗、金千代、草刈孝昭、楠敏雄、工藤美彌子、黒木建、黒田伊彦、結柴誠一、厳本明夫、児玉利春、小武正教、纐纈厚、小西泰弘、小林圭二、駒井高之、駒見俊道、小山敏夫、ゴードン・ムアンギ、紺谷延子、斉藤真、酒井満、佐藤大、佐々木佳継、渋谷要、嶋川まき子、清水明美、清水義昭、徐龍達、白井美喜子、新開純也、新谷純一郎、末本雛子、須田稔、関俊子、高桑次郎、高鍬多恵子、高崎庄二、高瀬元通、高橋幸子、高橋秀典、高藪繁子、田川明子、田川晴信、瀧川順朗、武市常雄、竹内正三、竹内宙、竹田雅博、竹林伸幸、橘睦子、田中啓司、田中宏、谷川正幸、多比良建夫、田村博一、崔忠植、崔孝行、知花昌一、千葉宣義、塚本誠一、塚本泰史、鶴見俊輔、鄭早苗、寺田道男、戸梶博夫、徳田隆、土本顕、永井美由紀、仲尾宏、永岡浩一、中河由希夫、中北龍太郎、中嶋慎介、永島靖久、長田侃士、中田光信、中村在男、西浦隆男、西岡智、西方淳子、西浜楢和、蜷川泰司、野坂昭生、野田雄一、朴実、橋野高明、橋本利昭、服部良一、早川義輝、原田恵子、土方克彦、菱木康夫、日高六郎、広尾喜代志、府上征三、福山義和、藤井悦子、藤井健一、藤原史朗、二葉晃光、古川鐘二、古橋雅夫、斐梨花、堀清明、堀義明、堀井千恵子、本田克己、前川静雄、前田裕悟、蒔田直子、牧野一樹、増野徹、増本俊幸、松尾哲郎、松岡利康、松本修、水谷力一、水野裕之、松野尾かおる、松川敦、松川洋裕、松崎吾郎、松田素二、松村尚洋、松村美会子、溝田彰、南勝次郎、南建、宮地洋二、宮路烈、宮本崇義、村上正和、持原好子、物江克男、森原秀樹、森本忠紀、柳田健、山地政司、山田実、山本純、山本猛、山本徳二、山本将嗣、横山美樹、吉岡史朗、吉田信吾、吉田宗弘、米澤鐡志、六島純雄、和田喜太郎、渡邊琢、渡辺亜人 

《賛同団体》 

アジア共同行動・京都、アジェンダ・プロジェクト、NPO法人京都コリアン生活センター、大阪A&U、沖縄とともに基地撤去をめざす関西連絡会、関西共同行動、関西合同労働組合、京都「天皇制を問う」講座実行委員会、京都府教職員組合(きょうと教組)、九条旨酒の会、9条改憲阻止の会・関西、旧友会(60-70年安保京都高校生運動)、ぐるーぷちゃんぷるー、在日韓国・朝鮮人高齢者の年金訴訟を支える会、支え合う弱者の会・兵庫、消費者経済研究所、自立労働組合連合、タウンミーティング訴訟を支える会、高槻医療福祉労働組合、東西本願寺を結ぶ非戦・平和共同行動実行委員会、とめよう戦争への道!百万人署名運動・関西連絡会、とめよう戦争への道!百万人署名運動滋賀県連絡会、日本基督教団京都教区「教会と社会」特設委員会、日朝友好促進京都婦人会議、反戦反天皇制労働者ネットワーク、反戦老人クラブ京都、兵庫県被災者連絡会、ふぇみん婦人民主クラブ・京都洛友支部、百万人署名運動兵庫県連絡会、平和憲法の会・京都、平和の会・宇治、辺野古に基地を絶対につくらせない大阪行動、辺野古に基地はいらない滋賀行動、Peace Media、星野文昭さんを取り戻す会・京滋、郵政人事交流=強制配転に反対する近畿郵政労働者の会、梨花舞踊学院・リファダンスアリラン 

 

《賛同店》 あーす書房、おてらハウス、キッチン・ハリーナ、呉服屋南商店、八文字屋、ベジタリアンダイニングCAFE PEACE、ほんやら洞、まほろば、新羅、彌光庵、CafeTerrazza、論楽社  

                            (10月18日現在、 193賛同人、37団体、12店舗)